腎臓病に要注意|生活習慣を見直して予防しよう

医者

肝臓に疾患のある人は注意

車いす

肝臓がんは症状がほとんどない状態で、がんが進行していく怖い病気です。主な原因は肝臓に疾患を抱えている場合にがんが起きやすくなり、特にウィルスに感染している人に集中します。疑いのある人は定期的な検査で早期発見が実現でき、進行がそこまでなければ治療もスムーズに済みます。

詳しくはコチラ

生活習慣病が増えている今

身内に腎臓病の患者が居る場合、周囲の人が正しい知識をつけていれば、治療のサポートがスムーズに行なえます。

腎臓は再生しにくい臓器

先生と患者

生活習慣病の一つである腎臓病ですが、普段は意識されにくい病気です。腎臓は血液中の老廃物などを取り除き、尿として体外へ排出させる働きをしている臓器で動脈硬化や糖尿病の影響を受けやすい臓器でもあります。しかし、腎臓は症状が現れにくく何らかの症状が訪れた時にはすでに末期ということもあります。さらに腎臓病の難点は腎臓の組織は一度壊れてしまうとほとんど再生しないという点です。自覚症状としてはむくみや血圧の急激な上昇、尿の異常などがありますが、それだけでは腎臓病とはわからない場合があるので、尿検査などの検査が必要です。もし放置したままで腎機能が失われてしまうと人工透析か腎移植でしか回復させることができません。

生活習慣を見直そう

近年の日本では食の欧米化やストレスを持つ人が増えたなど、さまざまなことが要因で増えた病気があります。それは糖尿病です。糖尿病はインスリンというブドウ糖を吸収するホルモンが減り、血液中に糖が増えてしまうことが原因で起こる病気で、年々増えています。腎臓病とは関係ないように思える病気ですが、実は糖尿病を長く患っているとやがては、腎臓にも影響を与え腎臓病を引き起こすのです。これは糖尿病の合併症としては起こりやすいものであるため、日ごろから運動や規則正しい生活を心掛け生活習慣病を引き起こさないように気を付けることが腎臓病を防ぐ手段の一つでもあります。また、食生活を改善する際には、医師の専門的なアドバイスをもらうことも重要です。食塩や脂質を摂りすぎたりしないような食事だけではなく、栄養バランスについても心掛けることが大切です。

標準治療と併用で効果

医師と看護師

十二指腸がんは、このがん特有の症状と呼べるものがなく、早期発見が難しいと言われています。そのため進行してから発見されることが多く、転移していることも多いようです。進行がすすむと、広範囲に渡る切除手術が必要になります。これまでの、標準治療と併用して、免疫療法を行うことで治療実績が上がっています。

詳しくはコチラ

大腸のがん

男女

大腸がんは2mほどある大腸に属する盲腸・直腸・結腸・肛門のいずれかに発生するがんのことで、アメリカ系の人に多いがんでしたが食の欧米化が進む日本人にも増加しているがんです。最もな原因は生活習慣にあるため、食事や肥満などに気を付けることで予防ができます。

詳しくはコチラ